リフォームメニュー 「戸建リノベーション」

戸建リノベーション

地球温暖化で世界的にCO2削減に動いている現在、我が国においてもCO2削減、即ち住宅の新築やリフォームするうえにおいてもエネルギーを削減する方向を考えながら、改修計画を進める必要があります。

戸建リノベーションは、家族が健康で快適に暮らすため、大規模の改修工事をすることです。

自分達家族は将来に向かって、どのような家にしていくのか、目的意識を持ち、計画する事が大切です。
計画例 1.

現在、ご主人60才、奥さま55才、家は築30年、人性100才の時代とも言われているなか、今のうちに「住い」の計画を立て行動しなければなりません。

「リフォーム」「リノベーション」「建替」3つの選択が考えれらます。

建替えが理想ですが、費用がかかります。

「60才になって住宅ローンを組みたくない。」
「ただ家をきれいにするだけのリフォームでは、寒くてしょうがない。」
「バリアフリーで車いすでも生活できるようにしておきたい。」


このように色々と考えていくと、
「2人で快適に健康に暮らせて、子供達家族が来た時、泊まっていけるお部屋が欲しい。」
「3LDKと使いやすい収納があればいいと思う。」

このような話におさまりました。

それでは、このまとめからもう少し具体的、専門的に項目を上げてみます。
上記のお話から、奥さまの年から割り出しますと、人性100才とすると50年~60年住める家。
つまり「リノベーション」を選択し維持管理しながら、長持ちする家にしていく、ということになります。



計画例 2.
60代からの基本的なリノベーション計画
項目 改修
1. 地震に強い家 耐震等級2以上に補修
2. 省エネで暖かい家
(高断熱・高気密)
天井 : 吹き込み断熱
壁  : W断熱(外断熱+充填断熱)
床  : ポリスチレン断熱又は、HGW
開口部 : 断熱樹脂サッシ、ペア+トリプル、Low-E、アルゴンガス入
3. 木と自然素材 内装仕上げ 床  : 桧、杉、ナラ、パイン、他
天井 : 羽目板(桧、杉、パイン)、土佐和紙、珪藻土、漆喰
壁  : 珪藻土、羽目板、土佐和紙、漆喰、ビニールクロス
4. 自然環境に触れたい 冬  : 日射し入れ暖かく
夏  : 暑い陽を遮る
春秋: パッシブ風が通り抜ける
5. 「車いす」使えるようにしておきたい 床  : バリアフリー
階段: ゆるやか、手摺
トイレ、玄関、キッチン、洗面、廊下: バリアフリー(車いす使用)





計画例 3.
パッシブデザイン超快適計画
(1)ハイレベル放射冷暖房システムの快適なくらし
Q1.0高断熱仕様でリノベーションした住いは、冬、暖房なしで快適に暮らすことではなく、従来の住いと異なり極めて熱損失を少なく省エネで暖かく暮らせるように造り、暖冷房エネルギーを補給することにより暖かく涼しい住まいにいたします。
暖房エネルギーはヒートポンプで25℃~の低温水熱を室内に放射し人や建物に温かさを伝えます。
もう一つの効果は、ゆっくりとした室内空気の対流により、温度のムラの少ない自然な暖かさが広がり快適な暖房システムです。
冷房エネルギーは冷水温7℃~を放射し建物に涼しさを蓄えます。また自然対流で放射した冷気が室内全体に広がり、健康で気持ちよく暮らせる冷房システムです。
【まとめ】全館暖房
○ふく射暖房システム+床下放熱器(温水暖房)
○ふく射パネル冷暖房(冷温水)
上記全館暖房はリノベーション状況により選択することになります。





(2)開口部(サッシ)ハニカム サーモでエネルギー節約計画
窓にハニカム サーモ スクリーンを設置することにより日射遮蔽と開口部の断熱性能を高める熱損失を少なくします。
とてもお洒落なスクリーンで冷暖房エネルギーを節約します。
とても優れものなので、リフォーム、リノベーション、新築に適します。

ダブル、ハニカム(蜂の巣)構造で二重の空気層を作り断熱効果は抜群です。

特 長
1. 耐熱性 ── 優れている 4. カビ、虫、バクテリア ── 強い
2. 吸湿、吸水性 ── 少ない 5. 防腐性 ── 優れている
3. 乾き ── 早い 6. 紫外線(UV) ── 90%以上




(3)開口部(サッシ)日射遮蔽として外付スクリーン設置計画
外付の遮蔽ロールスクリーンは、木陰づくりには一つの方法です。
他には、庇、緑のカーテン、よしず、オーニング、リモコン外付ブラインド、シャッターブラインド(電動、リモコン、手動)、アウターシェード、オープンルーバー、ウィンバイザーなど。



計画例 4.
換気システム計画
高断熱・高気密の省エネで暖かいリノベーションの家には、必ず換気装置が必要です。
換気システムにも3種類のシステムがありますが、室内での適温エネルギーを保持しながら給排気をする方式の採用です。

第1種熱交換換気システムを選択
・壁掛けLWZシリーズ(全熱)
・天井ビルトインLWZシリーズ(全熱)
・ダクトレス ツイン・エアー・フレッシュ(全熱)
ページの上へ