テクノロジー

計画換気

新建材、家具、内装などの接着剤、糊、塗料に有害化学物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン・・・)の影響で気温が高くなるにつれシックハウスの症状が高まり健康被害を引き起こすため、2003年に室内空気の換気が義務化になっております。

3種類の換気方法

第1種換気方式・・・給気、排気とも機械換気
第2種換気方式・・・給気は機械ファン、排気は自然換気
第3種換気方式・・・給気は自然換気、排気は機械ファン

高断熱・高気密住宅の換気方式 ─── 第1種 熱交換型換気システム



Q1.0住宅は、第一種全熱交換型換気システムを採用

当社では、ダクトレスまたはダクト方式でも常に室内空気の清潔とフィルター交換が女性の方でも簡単に出来る方法を選んでおります。

第1種 全熱交換型換気システム

給気
冬: 外気0℃で、室内20℃、熱交換率90%の場合、冷たい外の空気が熱交換器を通り、室内に入る際に温かい空気が蓄えられた高性能な蓄熱素子エレメントで18℃の快適温度+湿度に交換され、室内に給気されます。
夏: 外の熱や湿度を含んだ空気が、冷気が蓄えられた高性能な蓄熱素子エレメントで快適な温度に交換され、室内に給気されます。
排気
冬: 室内の汚れた空気20℃、熱交換器で熱交換率90%で外に2℃で排出される際に、空気の熱エネルギーが高性能な蓄熱エレメントに蓄えられます。
夏: 冷房で冷えた室内の空気をエレメントに蓄え、汚れた空気を排出します。

省エネ住宅に最適な換気システム 第1種 全熱交換型 換気システム


全熱交換器


メンテナンス(ダクトレス)

  • 全熱交換器は特に蓄熱素子エレメントの定期的な清掃とフィルター清掃や交換をすることにより、室内の空気をきれいに快適に暮らせます。
  • ダクトレスは全熱交換器が壁付けなので、踏み台で女性でも簡単に手入れができます。こまめな清掃とフィルター清掃や交換をおすすめいたします。

全熱交換器


全熱交換器を使用する場合、高気密住宅でC値(相当隙間面積)が0.5c㎡/㎡以内、Q値1,6W/㎡K以下、UA値0.4W/㎡以下が理想です。

ページの上へ